blog

8.24

お知らせです。
『スクリーン』各種サブスクで配信始まりました。
(まだのところも、そのうち出てくるはずです)
linkco.re/5p9YsqhF

歌詞もセットで見られるようにしています。
(このHPをご覧の方は、lyricsのページでも見やすいと思います)

ぜひ聴いてください。

Piano and Programming 小林未季
Recording at FOFTOO Sound Lab. フルシュンさん
Composed by 小林未季

8.17

お知らせです。
まず、現在各種サブスクリプションで配信されている『キンモクセイ』『青い春』『キャスタウェイ 』の歌詞が追加されました。
もともとHPでもlyricsのページで見れるようにしていたものの、やっぱりウィンドウ1つで完結できるのはいいですよね。

そしてもう1つ。
音楽を担当させていただいている朗読劇『あの星に願いを』が、六行会ホールにて再演されることが発表されました。
2020年11月25(水)〜29日(日)
全10ステージ
公式HPはこちら↓
https://www.anohosi-stage.com
脚本は吉岡茉祐さん、演出は田邊俊喜さんです。
とても素敵な作品ですので、ぜひチェックしていただきたいです。

7.16(リアレンジ楽曲、配信はじまりました)

昨年よりリアレンジしていた『キンモクセイ』『青い春』の2曲が、各種サブスクリプションで聴けるようになりました。

『キンモクセイ』linkco.re/5frVQV0c

『青い春』linkco.re/NMe3Ta1V

Guitar 大里健伍
Bass 村田悟郎
Drums & Percussion 小笠原一馬
1st&2nd violin, viola 島内晶子(『青い春』のみ)
Piano and Programming 小林未季
Composed and Mixed by 小林未季

Special Thanks
川崎僚監督、燦魂神話大系、manzoさん、私の活動を見守ってくれている方々

制作の話を。
世の中の流れや、自分の環境や心境の変化を交えて書くので、
なかなかのボリュームになってしまいましたが、よろしければ読んでやってください。

少しさかのぼりますが、2018年頃に都内から埼玉県に引っ越したタイミングで、もともと自宅スタジオで音楽制作を完結させる方向で動いていました。コロナとは関係なく、世の中の流れや自分の人生のタイミングを見つめながら、この環境はいずれ必要になると感じていました。(この頃はとにかくいろいろあって、体も心もそれなりにボロでした。)

この2曲は、どちらも”ほぼ”リモートでレコーディング&ミックスです。
ほぼ、というのは、コロナ前に、小笠原さんと悟郎さんには、私の自宅スタジオに来てもらい、顔を合わせてレコーディングしていたからです。
お2人とも自宅で録音できる環境を持っているため、今後はフルリモートでやっていこうと思っています。今後の作品は、こうやって進めていこうと思っています。

今回、小笠原さんが凄かったのです。

実はドラムは、電子ドラムをパソコンに繋ぎ、MIDIでその電気信号をドラムの音に変換してレコーディングしたものです。つまり、人間の身体性とテクノロジーの”いいとこ取り”を実現させることができました。
これを試しているミュージシャンが私たちの周りにほとんどいなくて、楽器屋さんに聞いても結局わからない。あれがうまくいかない、これはどうなってるんだと、問題があるたびに、地道に解決してくれました。

なんとネットで調べても前例がなく、もうダメかもねと言っていたこともありました。が、なんと解決させてしまったのです、この方。(「神様…!」とLINEを送ると、「私は神」と返ってくるのがおかしくて、しばらく我が家でマイブームでした)

もともとはコロナとは関係なく、家が遠い私たちが、効率よく、かつハイクオリティでレコーディングするためにはどうしたらいいか考えた結果だったのですが…こういう場面で私たちの身を守ることに繋がるなんて、思ってもみませんでした。

ベースは、悟郎さんが大きな大きなウッドベースを我が家に持ってきてくれて、レコーディングしました。初めてのウッドベースです。
悟郎さんの選ぶ音が私の音楽にピッタリハマっていて、私も安心してお願いすることができました。

ヴァイオリンとヴィオラは、島内晶子さん。
彼女は劇伴作品でも、歌の作品でも、本当に欠かせない存在です。
『青い春』を好きでいてくれて、私ももうあっこちゃんしかいないと思っていて、何日もかけて、全力で弦の譜面を作り、お願いしました。私自身もまた成長できたし、あっこちゃんのヴァイオリンがますます好きになりました。

ギターは大里健伍さん。健さんも、劇伴作品も歌の作品も大切なチームです。『キンモクセイ』はギターが主役の曲なのですが、もらった音源を聴いた瞬間、笑いが止まらなくなってしまいました。こんなにも気持ち良い音を奏でてくれて、私がギターを弾けたなら、こんなギター弾きになりたい。(コードも押さえられない女の戯言)

ミックスとマスタリングは、恥ずかしながらスタートしたばかりで、やはりmanzoさんに大変お世話になりました。本当に沼で、やればやるほどわからなくなってしまう作業です。
楽しい半面、ミックスだけで何週間も悩んでしまい、「あなた、まだやってんの!笑」と言われました。本当に危険な沼です…。

当時は、リアレンジ作品をきちんと納得いく作品に作り上げることができるかわからない中で、ブログに書くこともできず、ゴールがどこかもわからず、地下室に籠る研究員のような生活を送っていました。(さながらサガフロンティアの生命科学研究所…細かすぎて伝わらない…)

振り返ってみると、昨年からは劇伴音楽のお仕事に加えて、さいたま国際芸術祭2020のSACPの活動もあり、新しいことしかなく、何度もオーバーワークで倒れたりもしましたが、
その中でもリアレンジ作品を作りたい気持ちは衰えず、常に優先事項でした。
シンガーソングライターであり、作曲家である立場は、近くもあって、遠くもあって、不思議な感覚です。当たり前のような、当たり前ではないような。
結局、全て繋がっていたんだ、と確信しました。

でも、もう大丈夫かも、と思えるくらいのところまで来れた気がします。流れができたので、この先はリアレンジ作品を増やしていきます。

アルバムが作れるくらいの数になったら、ツアーもやれたらいいですね。その頃には、みんなが安心してライブができるような環境が整っているといいな。それまでは、今は自分が、世の中を見つめながら、自分なりに、現実的にできることを考えてやっていくしかない。

いまはいろんな正義が乱立しているように見えてしまうし、耳を塞ぐのが精一杯だという方も多い気がします。まだまだ混乱しているという方もいると思います。

今こそ、本当の”やさしさ”や”強さ”を見直したい。
誰かのマネではなく、自分のキャパシティの。

私は、今回の楽曲配信含め、自分がやりたいことを通して、私らしい新しい生活様式が、やっと、少しずつですが、見えてきたように思います。

もちろん、またどうせ不安や苦しみと向き合う場面が腐るほど出てくると思いますが…その都度、自分の気持ちや、これからの未来を大切に見つめて見つめて選んでいけたら。
今は頼れる人たちがいるから、昔ほどあまり不安じゃないし。

わがままになることと、素直になることは、同義じゃない。
素直になるのは、自分にやさしくなること。
大切な人にもやさしくなれること。

そういう感覚を、軸に出来るように。



7.3

6月、並行して作業していた辻村崇『束の間』の編曲と、
舞台「区立すーぱーうるとらスゲェふぁいやーこんと小学校」の音楽の納品(manzoさんと共作、私は2曲参加させていただきました)が、どちらも完成。

辻村崇は大切な友だちなので、任せてもらったからにはと大切に作らせていただきました。とても良い曲です。

舞台は田邊俊喜さん脚本・演出です。
こういうときだからこそのコントとのこと。
こういうことはとても勇気がいることだけど、それをやってのけてしまう田邊さんはすごいなと思いました。

manzoさんには、今回もたくさんのアドバイスをいただきました。限界突破の日々。本当にありがたいです。

どの曲も新しいチャレンジだったので、とても神経を使ったけれど、クライアント様との関係も含めて、とても良い経験をさせていただきました。


プライベートでは、犬の「プンップンッ」という寝言が面白くて癒されています。

6.4 『A New Normal』配信開始しました

こちらのブログやSNSでも書かせていただいていた、コロナ疲れを感じている人たちの心が穏やかになるお手伝いをしたい、という想いから作ったプロジェクトの楽曲が配信されました。

曲はこちらから聴けます。(クリック先の一覧から各種サブスクリプションに移動できます)

今回の『A New Normal』についてご紹介できたらと思います。

まず、この曲のメインメロディを担当する主役は、ヴィオラです。多くの場合、支える立場に立つことの多いヴィオラをなぜ主役にしたかというと、この自粛ムードの中、ものごとがはっきりとしない、混沌とした世界を表現するためでした。ヴァイオリンは華やかになりすぎてしまうし、チェロだとなんだか安心してしまうという感じがして、音域が両者の間にあり、かつ音域自体もとても広い、この言葉にはなかなかできない、なんともいえない世界のメロディを担当してもらいました。

曲の前半は、この不安定な世の中や、コロナ疲れを起こしている人たち(私も含めてなのですが)の心を表現しました。
後半はそれでもなんとか、また「新しい日常」に向けて希望を忘れずに、できることをやっていこう、励ましあっていこう、という人間の優しさや心遣いと決意を音楽にしてみました。

疲れ切ってしまった時に、BGMとしてこれを聴いて、少しでも穏やかな気持ちになったり、自分らしさを取り戻してもらえたらいいなと思って書きました。

また、この音楽を聴いて、何を感じても正解だと思っています。なので、今回のメンバーから、人によっては「新しい風が吹いて、芽吹いていく感じがする」という意見もあれば、「こんぺいとうを感じた」という意見もあり、私はどれもその人らしくて素敵だな、と思っています。

歌詞がない、インストゥルメンタルにした理由は、3月の時点で、どんな言葉も、大きな渦に飲み込まれてしまうように思えたからです。世の中の状況だけでなく、人の心の変化が怖かったこともあり、言葉を書くことができませんでした。また、仮に歌詞を書いたとしても、これだけ世界中の人たちのそれぞれのプライベートな状況に寄り添った歌詞など書くことはできなかったと思います。

ただ、これを書いている5月21日現在は、かなり多くの人が新しい日常を見つめることに慣れてきたのかな、と感じています。

次に、今回参加してくれたアーティストやクリエイターの方々のご紹介をさせてください。

viola 大辻ひろの Hirono Ohtsuji (https://hironvla.wixsite.com/hitsuji)
私のシンガーソングライターの活動にて、ヴァイオリンの島内晶子さんと共にサポートで弾いていただいています。彼女の演奏と人柄が好きで、さいたま国際芸術祭2020でも3月末に2人で演奏する予定だったのですが、無期限延期により中止になってしまいました。

今回は彼女のポテンシャルに大きく助けてもらいました。演奏だけでなく、ミックスについても、電話やメールでかなり細かいところまで一緒に作り上げてもらい、完成したときにはもう「素敵な仲間だ!ありがとう!」という感覚でした。今回一番時間と労力をかけてくださったと思います。ありがとうございます。

1st violin 島内晶子 Akiko Shimauchi (https://akikoshimauchi.weebly.com)
ひろのさんと同じく、サポートミュージシャンとして弾いていただいています。
私のシンガーソングライターとしての楽曲だけでなく、劇伴の作品でも大変お世話になっています。安定した美しさを表現してくれる、とても素敵な方です。島金島というヴァイオリンのトリオの活動(仮面の妖精)の中の人でもあり、ワンマンライブを観に行かせてもらったときには、演奏の合間にラーメンの湯切り(毛糸で麺を代用)をしていました。半端ない。

<Chorus>

太田裕哥 Yuko Ohta (https://www.ohtayuko.com)
深い愛に満ちたファンタジーの世界を届けてくれるます。どこにあるかもわからない深い森の中に住むエルフさん。私のかけがえのない友だち。しかしながら、ご紹介したい要素が多すぎて、すみません、彼女の紹介はとても難しいです。HPを見ていただけたらわかると思いますので、ぜひご覧ください。

Cana Sotte Bosse (https://www.cana-official.com)
Canaさんの歌を聴いて深呼吸すると、世界がやさしく、柔らかく、キラキラする感じがします。体中に音が満ちている方。尊敬していて、大好きな人です。疲れた状態で聴きに行くときは、厚手のハンカチが必要です。彼女の歌とお人柄に、たくさん助けてもらっています。

kaho* (https://kaaaaho.jimdofree.com)
彼女のバラード曲が特に好きで『百日草を君に』はイントロから泣いてしまうくらい好きです。このプロジェクトのアイデアをはじめに相談したのが彼女でした。やさしく背中を押してくれました。進化が止まらない、やさしいがんばり屋さん。大切な友達です。


川口直久 Naohisa Kawaguchi (http://www.kawaguchinaohisa.com)
私の心のアニキ。彼の音楽も人柄も、やさしさとかっこよさが共存しています。誠実さのかたまりみたいな人。ときどき電話で励まし合ったり近況報告をし合うと、お互い「わかる」の連発で、話が止まりません。どうやら何かが似ているようです。静岡県にツアーに行くときは、いつもGoodDayCafeでツーマンライブをさせてもらっています。

かわはらだゆうま(ツバクラメ) Yuma Kawaharada
(https://tsubakurame.themedia.jp)
やさしいお花みたいな人。人をとても大切にしていて、私もとっても助けられました。いつも彼の周りには素敵な人が集まっていて、ツバクラメというバンドの世界観のあたたかさと壮大さは、誰にも真似できないと思います。京都にツアーに行くときは、いつも素敵なイベントに呼んでくれます。

如月愛里 Airi Kisaragi (https://kisaragi-airi.com)
数少ない同じ歳のシンガーソングライター。気さくで、とてもかわいい人。
ハイトーンボイスがとっても綺麗で、真っ先にコーラスをお願いしました。彼女の『you’re my precious』という曲で作曲をさせていただいています。

小林未郁 Mika Kobayashi (http://miccabose.com)
世界中の人々を魅了し続けている未郁さん。ドキドキしながらお声がけさせていただきました。ライブにお邪魔するたびに、たくさんのエネルギーをいただいてきました。今回の参加にあたり、ミックスに関してもご意見をくださり、この曲を一緒に育ててくださいました。

辻村崇 Takashi Tsujimura (http://tsujimuratakashi.com)
愛里さん同様、同じの歳のシンガーソングライター。ユーモアに溢れた男。彼の「人と人を繋ぎたくて音楽をやっている」という言葉が大好きです。夕見子さんと、「ときどき」という夫婦デュオをやっています。彼らの結婚式で歌わせてもらいました。スーファミ仲間でもあります。

manzo (http://manzo-sound.jp)
たくさんの人の心の居場所を作り続けている、大先輩。彼にコーラスお願いするのは恐れ多いと思っていたのですが…参加していただけました。アメイジングです。いつも私の音楽性に寄り添ったアドバイスをくださり、やさしく向き合ってくださる方です。言わずもがな、この曲を完成させることができたのは、manzoさんのご指導のおかげです。
ありがとうございます。

夕見子 Yumiko (twitter: @you_miko1021twitter)
太陽みたいな人。彼女の心のかたちが大好きです。彼女が辻村崇さんと結婚するちょっと前に、『ミセス・ミー』という曲を作曲させていただきました。ちなみに、彼女もスーファミ仲間です。


<Music Video>

Photography by 浅見俊哉 Shunya Asami (https://asa19821206.wixsite.com/shunya-asami)
さいたま国際芸術祭2020でSightama Art Center Projectのメンバーとして一緒に活動させていただいています。芸術祭で彼の『一写一想』と2月にコラボレーションさせていただきました。彼の世界観にとても共感しています。

Direction by 松谷ヒロキ(パップコーン)Hiroki Matsutani (https://matsutanihiroki.net)
私の楽曲『液体』のMVを作ってくださったり、ワンマンライブでVJとして参加してくださっています。お願いするたびに、こちらがどうしても抽象的な表現になってしまうことがあるのですが、それを「なるほど」と言って叶えてくれる方。懐のとても深い方です。彼のニヤリとした時のお顔が大好きです。私の人生に素敵な影響をくださったクリエイターの方々にお声がけをさせていただきました。

この状況なので、レコーディングはそれぞれの環境でお願いしました。実際に立ち会うことはできなかったのですが、事前にメールや電話で丁寧に想いを伝えた上で、録音をしてもらいました。

コーラスは、曲に合わせて綺麗にまとまった合唱をするのではなく、とにかく自分らしく歌ってほしい、と依頼しました。

私自身、今回の曲の制作の過程で、ひどく疲れてしまった場面が幾度となくあったのですが、この大好きな人たちと励まし合いながら過ごせたことで、作品を制作するエネルギーを保つことができました。

とても正直な作品ができました。不安、不穏、不信、混乱。それでも消えることのない人間のエネルギー、愛、希望、笑顔、新しい風。

作品づくりを通してこのメンバーに大きく支えてもらい、本当にありがたい経験をさせていただきました。最高のメンバーだからこそできた楽曲です。本当に、本当に、ありがとうございます。

この楽曲は、言ってしまえば、ただ「在る」だけなのですが、それを聴いてくださったとき、何を感じて、なんでもいい、何か次の1歩に繋がったら、ミュージシャン冥利につきます。それが、愛や希望の連鎖のきっかけならば、なお素晴らしいことだと思います。

もしあなたが感じたものがあれば、ぜひ各種SNSやYouTubeのコメント欄に書き残してください。励みになります。楽しみにしています。

あなたの心が少しでも穏やかでありますように。

小林未季


5.14

5.14
歌詞と、世の中のこといろいろ調べる。
知れば知ったで、苦しくなる。

5.15
引き続き歌詞。
プロジェクトのミックスと写真のチェック。
調べもの。

5.16
家のことでちょっと疲れる。

5.17
歌詞を書いたものを、歌う。
あまりうまくいかなかった。
夜、いつものメンバーでLINE飲み。
近所の居酒屋さんでテイクアウトしたアユの塩焼きがとてもおいしかった。

5.18
かわはらだゆうまくんに相談し、SNSをもっとやってみる気になる。
無理なく(と言い聞かせつつ)。
歌は、トレーニングを30分みっちりしたのち、納得いくものが録れた。
脳を突き破る感覚。
結果、夜、眠れず。

5.19
頭が使いものにならず、一日中モンハン。
イビルジョーの曲、かっこよすぎでは?
夜はおやすみ3秒。


5.13


お久しぶりです。

近況を書きます。

ほとんど休まず作品を作り続けていたし、世の中をずっと見つめてもいたのですが、
この2ヶ月間、あらゆる立場に立ちすぎてしまい、混乱してしまっていました。
どんな言葉も、大きな渦に飲み込まれてしまうように思えました。
自分のちっぽけさに絶望しつつも、
世の中の状況だけでなく、何より人の心の変化が、とてもこわかった。

ですが、好きな人たちと励まし合いながら過ごせたことで、作品を発表するエネルギーを取り戻せたのと、
世の中全体がなんとなく、少しずつ、あたらしい生活を見つめることに慣れてきたように感じたので、私も恐れずに、素直に言葉を綴っていこうと思います。


そして、3月に立ち上げたプロジェクトですが、
自分でも人生で一番だと思える曲が出来上がりました。

それは、今私が本当に表現したいもの「そのもの」でした。
したい、と言うより、厳密に言えば「これしかなかった」という感じ。
ネガティブな意味ではなく、表現したかった「そのもの」です。

私の人生に素敵な影響を与えてくれた方々に声を掛けさせていただきました。

ひとつ願いを込めるならば、
この曲が誰かの心の居場所になったらいいなと思っています。