20161126

曇り空。

昨日は久しぶりにタクシーで帰って、朝起きたら身体中痛かった。

 

早くも2017年のことを話し合った。今、そうしておきたかったからだ。

不安に思うことをメモするつもりが、4ページびっしりの図、プレゼン資料になってしまった。

正直にするすると出てくる言葉は、素直になることに罪悪感を感じなくなってきた証拠でもある。

悔しいことのあった時の涙のように、ぼろぼろとこぼれる言葉が、何より未来の自分の栄養になった。

 

2016年も、あと1ヶ月ですね。

あなたが、余計な出来事や不安に、惑わされずに、あなたらしくいられますように。

“20161126” への 1 件のフィードバック

  1. 明日で2016年も終わるらしい。
    我々は太陽系第3惑星の地球星人である。
    ゆえにこの星にす見続けている間は惑わされる星の無限の住人であるからして、よくいろいろなものに惑わされるし、きっと惑わされて進化もしてきた。太陽がまわっていると思ったら、まわっているのは私たちのいる地球でした・・とさ。
    自分が誰かに動かされているのではなく、誰かが自分のために動いているのかもしれません。
    私が私らしくあるためには、私にとって何が本当の真実なのかを見極める素直な心の目が大事ですね。
    今年はこーだ来年はあーだと言わず、常にあなたはあなたで、あなたらしく生きててくれれば、それでいーのです!
    そー言われたような文章を呼んで
    そーやなーと思ったりする年末。

    不安を意識しすぎると、息詰まるし。
    不安を忘却の彼方に封印しちゃうと、だらけてしまうし、むずかしいーですが年末年始は物だけでなく心や体も余計な物は整理しないと、創造するための余白は生まれないのかもしれません。

    あなたらしく、、
    つまりは自分らしく。
    本当にそうありたい。

    来年もその先もずっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。