『白んだ空に浮かぶ月』
作詞/作曲 小林未季

白んだ空に浮かぶ月が君の心を照らしてくれる
ああ 明日には戻るだろう 苦しいこと 悔しいこと

悲しいとき涙溢れ 世界ぼんやり歪んでくのは
見つめすぎたその心が傷つかぬよう守るためさ

見てごらん 何も傷つけようとはしてない
制御できぬ感情を持て余し苦しんでいるだけだろう

夜明けの街 一人歩く 昨日の想い無駄にはしない、と
こんな日には世界の色 見える景色 透き通るよ

歩く度に擦り減ってく 靴の底に気づかないまま
生きて行けたらいいのだろう 笑い飛ばせたらいいのだろう

見てごらん 誰も傷つけようとはしてない
それぞれの信念を 盲信し喜んでいるだけだろう

白んだ空に浮かぶ月が君の心を照らしてくれる
ああ 明日には戻るだろう 苦しいこと 悔しいこと